院長ブログ

ニキビの治療③ルリッド

●飲み薬の効果

ニキビの治療といえば、いま一番の話題はディフェリン(アダパレン)ですが、飲み薬の治療も有効性が確認されています。
ニキビに保険適応があって、ニキビ治療のガイドラインで推奨度が高いのがオキシスロマイシン(ルリッド)です。

●ルリッドが有効なわけ

赤く盛り上が炎症性のニキビにおいては「ニキビ菌」と呼ばれる細菌が増殖しています。
抗生物質であるルリッドはこれらの増殖を抑えることで、ニキビを改善される効果があるとされています。

これに加え、ルリッドには「抗炎症作用」と言って、抗菌作用とは別に、皮膚の炎症(赤み、腫れ)を抑えていく作用があることが分かっています。

2つの大きな効能によって、数週間から数カ月服用を続けることで、徐々に赤いニキビが改善していきます。

●ガイドラインに適合する治療薬

ニキビ治療のガイドラインを参照すると、ごく軽症のニキビを除き、ほとんどの場合にルリッドが推奨されることが分かります。
他にも有効な治療法はありますが、赤いニキビがある患者さんには一度は使用を検討してよい飲み薬だと、わたしは考えています。

acne002

 

 

 

 

 

(サノフィ・アベンティス 「ざ瘡に対するガイドラインに沿った治療戦略」より)

PAGETOP