院長ブログ

本気で治す爪水虫・その3

苫小牧の皮膚科医院 『たかはし皮膚科クリニック』、院長の高橋幸夫です。

本気で治す爪水虫・その3です。

そもそも内服治療を選択すべきかどうか、それが問題です。

(まとめて内容を知りたい方は、その1、その2、その3 の順で読むとよいでしょう。)

tinea_011

 

 

 

 

●内服治療のリスク、コスト、メリット

ラミシールとイトリゾールのどちらの内服薬を選択しても、肝機能障害を起こす可能性が数%あります。
そのため定期的な血液検査は必須です。
以前日本で、ラミシールを服用した患者さんに重篤な(生死にかかわる)肝機能障害が生じた事例があります。
その方は、もともと肝臓病を患っていたうえに、適切な血液検査を受けずに服用を続けていたと報告されています。
逆に治療開始前も含め、適切に血液検査を行っていれば、重篤な肝臓機能障害が起きる危険性は極めて低いとされています。
一方イトリゾールのパルス治療では現在(平成23年)までに生死にかかわる肝機能障害の報告はありません。筆者の印象としても肝機能障害の頻度はラミシールより低いように思います。
(公式なデータではあまり差がありません)

治療費には薬代のほかに、医院への交通費、診察料、検査料、処方箋料、薬局の調剤基本料などがかかります。なにより通院に必要な時間と労力も少なからず負担になります。
そうした負担(=コスト)と先に述べたリスク、治療によって得られるメリットを総合的に判断して、内服治療を受けるかどうか、また2つのうちのどちらの内服薬を選択するかを決めるとよいでしょう。

多くの方にとって、爪の健康を回復することで得られるメリット、幸福感は、医療費の自己負担分(3割負担の方でトータル3~4万円)と通院の回数(5~10回程度)以上の価値があると思います。

●Q&A

Q 水虫の人の靴下は、ほかとは分けて洗濯するべきでしょうか?
A ほかの洗濯物と一緒で大丈夫です。普通に洗濯して乾燥させれば白癬菌は十分除去され、感染することはありません。

Q お風呂のお湯で水虫がうつることはありますか?
A お風呂のお湯に薄められた白癬菌が、後から入浴した人の体に付着して水虫が発症することはありません。水虫対策としてお風呂のお湯を入れ替える必要はありません。

Q 体調に問題はないので、肝臓の検査は不要では?
A 肝臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれ、何らかの自覚症状が現れたころは生死にかかわる深刻な状態になっています。必ず定期的に検査を受けるようにしましょう。

Q 治療中、お酒を飲んでも大丈夫ですか?
A 飲酒は控えめにしてください。どうしても多めに飲酒してしまう方は、お酒を控えるべき期間が短い(3週間)イトリゾールを選択するとよいでしょう。

Q 妊娠中でも飲み薬の治療は可能ですか?
A 通常妊娠中、授乳中は爪白癬の内服治療は行いません。出産、授乳が一段落してから改めて相談してください。それまでは塗り薬で根気よく治療しましょう。

Q 飲み薬で治った後、水虫が再発することはありますか?
A 再発なのか、再感染なのかを確認することは難しいですが、実際に「治癒」と判断した方でも、数年以内に2,3割の確率で爪水虫の症状が現れます。それを防ぐために、内服治療終了後も予防的に塗り薬を続けることもあります。

Q カンジダも水虫の一種ですか?
A カンジダは水虫の原因である白癬菌とは別のカビです。白癬菌と同じく、皮膚や爪に感染して白癬(水虫)と似た症状を起こします。
爪カンジダ症にはラミシールよりもイトリゾールの方が有効性が高いとされています。

Q ジェネリック薬品に対応していますか?
A 当院ではラミシール、イトリゾールともジェネリック薬品には対応していません。患者さまから依頼があった場合でも、申し訳ないと思いつつ、お断りさせていただいております。
テルビナフィン(ラミシール)場合、ジェネリック薬にすると薬価を3割程度安くできます。しかし治療費は診察料、検査料、薬局での調剤料なども必要ですので、医療費全体では約8%割安になる程度です。(当院での治療プランに従った場合の試算による)。
「ジェネリックも先発品と同じと見なしてよい」というのが国の指針ですが、数%とはいえ副作用のリスクもある薬剤だけに、より信頼性の高いものを提供したいというのが、現時点でのわたしの判断です。

※補足:当院では院長が慎重に検討して採用を決定した数品目を除き、ジェネリックは使用しておりません。将来的には信頼できるデータを収集しながら採用品目を増やしたいと考えております。

●受診のながれ

当院を爪水虫で受診する場合、予約は必要ありません。
通常通りの受付をし、問診票に「水虫」のことで相談に来た旨を記入してください。

ただし、来院前に以下の準備をお願いします。

① これまでの水虫の治療内容が分かるよう、これまで使用した薬を調べてきてください(市販薬も含め)。
② 飲み薬を使用する場合、併用出来ない薬がありますので、皮膚科以外の診療科のものも含め、ほかの医療機関での処方内容をすべて調べてきてください。
③ 肝機能異常の有無が治療法の選択にとても重要ですので、最近の血液検査のデータがあればご持参ください。
④ 素足になりやすい服装で来院してください。

水虫の検査には10分から15分程度かかります。
また血液検査が必要になる場合が多いので、受付終了間際の来院では十分な診察が出来ない場合があります。
出来れば診察終了時刻の1時間くらい前までに来院し受付をお済ませください。
2回目以降も血液検査が必要な場合は、時間に余裕をもって来院してください。
重症の水虫の患者さんの場合、手、そけい部、臀部などにも水虫があることがあります。気になる症状は問診の際に遠慮なくお申し出ください。

●最後に

爪水虫が直接命にかかわることはほとんどありません
爪水虫を治療した方がより長生き出来るという確かなデータもありません。
しかし、自分の足で痛みを感じずに元気に歩ける、というのは大きな財産です。
温泉、プール、旅行先で気兼ねなく素足になれるのも素晴らしいことです。
また大切な子供や孫に、ご自分の水虫を「相続」させたいと思う方はいないと思います。
水虫を適切に治療して感染拡大を防ぐことは、あなたの家族やあなたの大切な方に「足の健康」を贈ることにほかなりません。
あなたの爪水虫は「家族みんなの健康問題」なのです。
ぜひあなたの街の皮膚科医と相談して、あなたにあった爪水虫の治療法を見つけてください。

tinea_010

PAGETOP