院長ブログ

ウイルス性のイボ・その1

苫小牧の皮膚科医院 『たかはし皮膚科クリニック』、院長の高橋幸夫です。

今回から何回かに分けてウイルス性のイボ「尋常性疣贅」について書いてみたいと思います。
今日はイントロダクションです。

足の指に出来たイボ(尋常性疣贅)

 

 

 

※足の指に出来たイボ(尋常性疣贅)

 
●高校時代の思い出

「あれ?なんだろうこのオデキは?」

高校時代のある日、わたしは右足の人差し指に「ザラザラした硬いオデキ」が出来ているのに気がつきました。

当時のわたしは、函館のラ・サール高校という高校の寮で、寮生活をしていました。
お風呂は共同、毎日ルームメイトと同室の集団生活。
まさか、そのオデキがウイルス感染によるものとは思っていませんでした。

オデキは、痛みはないものの、徐々に大きくなっていきました。
そのうちに数も増え、数カ月後には5、6個くらいになったでしょうか。
無頓着なわたしもさすがに不安になってきました。

「全身、変なオデキだらけになったらどうしよう!」

ウルトラマンか何かに出てきた全身イボだらけの怪獣の姿が頭をよぎりました。
病院へ行くべきか、寮の先生に相談すべきか、実家の親に電話すべきか、と迷いましたが、なかなか行動する決心がつきません。

「そのうちなんとかなるだろう(そうであってくれ!)」

と思いながら、オデキのことから目をそむけて部活や試験勉強に没頭していました。
いまから思えば、あまり賢明な判断だったとは思えませんが、幸いなことに、オデキは自然と小さくなり、いつの間にか消えてなくなってしまいました。
小さくなりはじめてから、全部消えるまで1カ月もかからなかったと思います。

それがウイルス性のイボ(尋常性疣贅)であると知ったのは、10年程たって、皮膚科医になってからのことでした。
共同浴場で毎日のように素足になっていましたから、ちょっとした偶然からイボウイルスの感染したのでしょう。

「そうか、あのときのイボは自然治癒したのだな。何十個にも増えずに治ってくれて運がよかった」

北大で研修生活をしながら、10年前の出来ごとの「真実」を知り、ひとり納得したものでした。

●25年後のいま

皮膚科医になって15年。自分がイボを患ってから約25年。
いまでもイボの治療は悩みます。
過去の自分のように自然治癒があり得るからです。

一方で皮膚科でのイボ治療は、痛みのある「液体窒素による凍結治療」が中心です。
小さなお子さんに痛みのある治療を勧めておきながら、高校時代の自分は痛い思いをせずに治ったことに、かすかな申し訳なさを感じています。
(皮膚科医になってから何回かイボになりました。そのときは自分で自分のイボに液体窒素をあてました。確かに痛かったです。)

時間がかかるかもしれないが、自然治癒を頭の隅に起きつつ、痛みの少ない治療を選択すべきか?
治療に日数をかけている間にイボが伝染して増えることがないよう、痛くても強い治療を選択すべきか?
難しい決断の毎日です。

どのような治療法があり、それらをどのように選択するか。
次回から、そのあたりも含めて「ウイルス性のイボ」の対処法をお話していきたいと思います。

以上イントロでした。

 

院内で配布している小冊子『尋常性疣贅って何?』

 

 

 

 

 

院内で配布している小冊子『尋常性疣贅って何?』

PAGETOP