現状維持でOKならちょっとだけコスパよしの「フィナステリド」もあり

現状維持でOKならちょっとだけコスパよしの「フィナステリド」もあり

フィナステリドとは

2005年日本で初めてAGA治療薬として登場したフィナステリドはAGAの有力な治療手段です。
ここではフィナステリド内服によるAGA治療(薄毛治療)についてご案内します。
フィナステリドを内服した場合、98%以上の確率でAGAの進行を抑え、長期に服用すれば、3分の2程度の方にマイルドな増毛が期待できます。
(メーカーの効能はAGAの進行遅延となっています)

フィナステリド内服によるAGA治療の実際

1日1錠を毎日服用します。
効果が現われるまで半年程度かかります。
服用する年数に特に制限はなく、効果を維持したい場合は長期に服用を続けることができます。

保険適応

ありません。自由診療となります。

料金表

料金表

副作用

リビドー低下、勃起機能不全、射精障害、精液量減少、肝機能障害、乳房圧痛、じんましんなどが報告されています。

現在の位置づけ

効果に勝るデュタステリドにジェネリックが登場したことで、価格差がわずかとなりました。
それでも、軽度のAGAの方の現状維持には有効で、いまでも多くの方が服用されています。

PAGETOP