賢く判断!AGA治療で失敗しないための5つの重要ポイント

賢く判断!AGA治療で失敗しないための5つの重要ポイント
AGA治療はこの15年でものすごく進歩しました。
しかし、注意を怠ると思わぬところで後悔するようなことになりかねません。
AGA治療でみなさんが「落とし穴」にはまらないよう5つの重要ポイントをお伝えします。

ポイント1.はじめにAGAかどうか正しい診断を受ける

「ネットで調べたら自分はAGAのようだ。どこで治療をしよう?」
薄毛が気になる方は自分がAGAである前提でスタートすることが多いかもしれません。
でも、

あなたの薄毛は本当にAGAでしょうか?
AGAだとしても、そのほかの毛髪、頭皮の異常が起きている可能性はありませんか?
AGA以外にも薄毛を生じるものはいくつもあります。

円形脱毛症
粃糠性脱毛症
膠原病による脱毛
感染症による脱毛
メンタルな問題から派生する脱毛
その他
まずは薄毛に詳しい皮膚科で診断をつけてもらいましょう。
当院のお近くの方は、「AGAかどうか」の診断だけで来院されても構いません。
ダーモスコピー(ダーモスコープ)と呼ばれる、皮膚ガンなどの診察にも用いられる拡大鏡で毛髪の状態を詳細に観察、薄毛の分布具合、問診なども加味して判断します。

また軽度のAGAの方において、別の原因で急に脱毛が増えることがあります。

脂漏性皮膚炎の悪化
細菌やカビによる感染症
薬剤の副作用
などでこうしたことが起こりえます。
背後にある問題に気が付かず、AGAに対する治療のみを行ってしまえば、いい結果に結びつきません。
特に最近になって急に症状が目立ち始めた方は要注意です。
脱毛に詳しい医師にしっかりと見極めてもらうことをお勧めします。
余談ですが、AGAの治療現場では、皮膚科医としての職歴や経験を持たずに診療にあたってらっしゃる医師もいるので、そこは気をつけたいところです。(皮膚科医でなくても、AGAや脱毛に詳しいドクターはたくさんいます。念のため。)

ポイント2.個人輸入などの不適正な手段で入手した薬を使わない

AGA治療のために海外から個人輸入などでデュタステリド、フィナステリドのジェネリック薬を入手するケースがあるようです。
またガイドラインで推奨されていないミノキシジルの内服薬を同様に入手して使用する方もおられるようです。

海外の業者や輸入代行業者のすべてが良心的で信用できるとは限りません。
ニセモノ、粗悪品の被害にあう可能性がないとは言い切れません。

また個人輸入で健康被害が生じた場合、それはすべて自己責任ということになり、だれも助けてくれません。
公的な救済制度である「医薬品副作用被害救済制度」からはもれてしまうのです。
(詳しくはhttp://www.pmda.go.jp/をご覧ください)

AGAの治療の際は、ぜひともAGAに精通した医師のもとで正規品の処方を受けていただきたいと思います。

ポイント3.育毛サロンの高額な長期契約、高額な機器の購入に注意を

育毛サロンや効果が不確かな機器に高額を支払うケースがあるようです。
なかにはトラブルとなって、国民生活センターに持ち込まれる事例もあるようです。
リラックスが目的であったり、医薬品の補完的ケアとして、費用負担と効果のバランスを正しく理解したうえで利用するのならばいいのかもしれません。
本当にそうしたサービス、商品が自分に必要なのか、費用に見合うのか冷静に考えていただきたいと思います。

ポイント4.情報の洪水に飲み込まれない

情報化社会になって、知りたい情報は何でも手に入るようになりました。
AGA治療に関しても、大量の情報があふれています。
それらの中には、医者から見てかなり疑問なものや、明らかに間違っているものもあります。

人間には、自分が信じたい情報しか見えてこなくなるという傾向(バイアス)があるそうですが、AI時代、ネット時代となって、その傾向がますます強まっているように思われます。
あたかが自分で見つけ出したと思っている「有益な情報」は、AIがあなたの閲覧履歴をもとに選んだ「広告」や「アフィリエイト記事」、「おすすめ動画」なのかもしれません。
「みんながこのAGA治療がいいと言っている」と思えるのは、「あなたがそう思いたいから」かもしれません。

しかし、一方でネットや検索サービスと無縁で生活することは、もはや不可能です。
現にこのページをご覧の多くの方も、ネット検索経由で来られているはずですから。
あとは情報の波に乗りつつ、それに飲み込まれないようにする知恵を身に着けるほかないのかもしれません。

「目に飛び込んでくる情報のすべてが、真実とは限らない」

この当たり前で、大切なことをぜひ忘れないでいてください。

ポイント5.長期的な視点で治療の費用を考える

あなたは今後5年のうちに、AGA対策にいくらの金額を支出する用意がありますか?
急にこんなことを尋ねられたらビックリするかもしれませんね。

でも、考えてみてください。
AGAは短期の治療で治癒する性質のものではありません。
ある意味、一生ものです。
仮に5年間、AGAの症状を改善させて、いい状態をキープしようとすれば、5年のあいだ治療費の支払いが続きます。
当然、予算にも上限があると思います。
はじめに費用をかけてもいいから、いろいろな治療を試して、そのなかから自分に合うものを選ぶ、という考えもあるでしょう。

しかし、「AGA診療ガイドライン」を見ると結論はほぼ出ています。

(気になる方はこちら 日本のトップの先生たちがまとめた「AGA治療ガイドライン2017年版」を徹底解説

特に、軽症から中等症の方は5α還元酵素阻害剤かミノキシジル外用のどちらか(または併用)で治療をスタートするのが妥当だと考えます。
それでも効果が不十分な方、AGAの程度がより強い方が、次の段階としてそのほかの治療に進むことを考慮すべきです。
仮にAGA専門クリニックで治療を受ける場合でも、ほとんどのケースで「5α還元酵素阻害剤」(デュタステリドかフィナステリド)はベースとして使われます。
それだけ重要かつ基礎的な治療薬なのです。

はじめにたくさんのことを試しすぎて予算が尽きてしまえば、ベースになる「5α還元酵素阻害剤」を続けるのも難しくなるかもしれません。
治療のグレードを上げるにしてもステップ・バイ・ステップで進んでいくべきだ、というのがわたしの考えです。
お財布にやさしい治療計画を立てましょう。

最後に:AGA治療は5年、10年単位で考えるとよい

最後にリアルなお話をしたいと思います。
ここまで読まれてご理解いただけたと思いますが、AGA治療は「治癒」がゴールではありません。
治療により症状を抑え、改善させますが、治療を終了すると効果は失われます。
デュタステリド以外のAGA治療についても、この点はほぼ同じです。

当院では10年程度AGA治療を受け続けている方が何人かいます。
その一方で、治療の効果には満足し、納得しつつも、やがて来院されなくなる方も一定割合でいます。
差し引きして、治療を継続中の人数は100名弱くらいかと思います。
これまでに治療を終了した方を含めると、わたしは数百人のAGAの相談者に対応してきたことになります。

多くのAGAの方に接してきた経験から思うのは、人生の中に占めるAGA治療の必要性が減ると、自然と医院から足が遠のいていく、ということです。
そうしたきっかけは以下のようなものかもしれません。

結婚や就職などで環境が変わり、前ほどAGAを気にしなくなった
管理職になり、年齢相応に薄毛でもOKかなと思えるようになった
AGA治療より優先したい趣味や楽しみを見つけた
いろいろあると思います。

AGAは「一生もの」ですが、AGA治療は「5年単位」「10年単位」くらいでおおまかに考えるといいと思います。

「あと5年、あと10年前向きな気持ちで頑張りたい」

そう思っている方の気持ちを、AGA治療は後押ししてくれるでしょう。

10年たつと、それまでにいろいろな転機が訪れているはずです。
考え方や、社会的立場も変わってくるでしょう。
その先治療を続けるかどうかは、そのタイミングで決めればいいことだと思います。

これからもわたしは、

リーズナブルな料金
安心して5年、10年継続できる
納得、満足できる結果が出る
そんなAGA治療を地域のみなさんに提供し続けたいと考えています。

当院のAGA治療により、みなさんが笑顔になることを願っています。

PAGETOP