薄毛でお悩みの方へ 発毛治療

AGAの治療を受ける前に

皮膚科で正確な診断を受けること

AGA治療を行ううえで大切なことがあります。

AGAの他にも、さまざまな原因で頭髪の脱毛が生じます。

円形脱毛症、粃糠性脱毛、膠原病による脱毛、感染症による脱毛、メンタルな問題から派生する脱毛など、脱毛にも多くの種類があります。

ザガーロはAGA以外の脱毛には効果はありませんので、本当にAGAなのか治療前に正確な診断を受けることが大変重要です。

さまざまな脱毛を熟知し、正確に見分ける専門的知識を持っている皮膚科医の診断を受けることが必須です。まずは皮膚科を受診することを強くお勧めします。

自由診療であることを承知してください

ザガーロの処方は健康保険が適用されないので、全額自費となります。「病気で困ったときに助け合う」のが健康保険の趣旨ですので、それに該当しないのはご納得いただけると思います。

年間12万円(月に1万円)ほどかかる治療費は安いものではありません。しかし適切な診断に基づいて処方すれば、大変有効な治療であることは自信をもって言えます。

ニセモノ、粗悪品で失敗しないこと

AGA治療薬を海外から個人輸入(業者による代行も含む)で安く入手して服用している方がいらっしゃいます。実際、海外では日本国内より安くフィナステリド製剤が手に入るケースもあるようです。

しかし個人輸入で入手した薬剤を服用するのはお勧めしません。

海外の業者や輸入代行業者のすべてが良心的で信用できるとは限りません。ニセモノ、粗悪品の被害にあう可能性がないとは言い切れません。

また個人輸入で健康被害が生じた場合、それはすべて自己責任ということになり、だれも助けてくれません。公的な救済制度である「医薬品副作用被害救済制度」からはもれてしまうのです。

(詳しくはhttp://www.pmda.go.jp/をご覧ください)

AGAの治療の際は、ぜひともAGAに精通した皮膚科医のいる医療機関で正規品の処方を受けていただきたいと思います。

ザガーロの副作用

ザガーロは比較的安全性の高い薬ですが、まれに副作用が生じることがあります。

・勃起不全、性欲減退などの性機能の障害

・乳房のはれや痛み

などです。

詳しくはGSK(グラクソ・スミスクライン株式会社)のサイト

https://jp.gsk.com/media/936525/zagallo-guide_201712.pdf

をご参照ください。

服用中に異常を感じた場合、服用を中止しお早めに受診ください。

                 

PAGETOP